福岡の通信制高校に自分は向いているのかどうかを確認しよう

通学するのが難しい場合にも、負担もなく卒業することができる

すると同級生とは1年遅れで学校生活を送らなければならず、当然のことながら卒業も一年遅れとなります。
通信制の場合には全日制よりもスムーズに単位の引き継ぎができる為、単位を落としてしまった人でも3年で卒業することも可能です。
登校日数も少ないことから、通学するのが難しい場合にも、負担もなく卒業することができるでしょう。
このように通信制高校に向いている人の特徴があることがわかりましたが、反対に向いていない人がいるのも事実です。
それは自主性や自己管理能力がない人です。
全日制や定時制のように時間割が決まっているわけではなく、クラスメイトや先生もいません。
つまりいくらでもサボろうと思えばサボることができるのです。
しかし自主学習を行いレポートを期限内に提出したり、その後のテストをクリアしなければ、単位を取得することはできず卒業もできません。
卒業までには74単位が必要であり、全日制と比べるとそれほど難しいわけではありませんが通ってんだからといって簡単なものでもありません。
多くの人が3年で卒業できる物の、さぼりがちになってしまい3年以上かかってしまう人、途中でやめてしまう人も多いのです。
きちんと卒業したいのであれば、自主性や自己管理能力が必須であり、誰かに見られていなければ勉強ができない、という場合には、残念ながら向いているとは言えません。

自分が向いているのかどうかをまずは確認することが重要 : 人間関係に煩わされることはありません : 通学するのが難しい場合にも、負担もなく卒業することができる